建築遺産ギャラリー

建築遺産ギャラリー2017Backnumber


◆◇◆建築遺産ギャラリー◆◇◆────────────────────

□ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届けいたします。購読は無料です。
□建築遺産ギャラリーNo.153 11月13日号をお届けいたします。

◆◇◆目次──────────────────────────────

1.ワット・ドーイステープ
2.東洋建築史
3.建築旅グッズ
4.配信案内

◆◇◆ワット・ドーイステープ─────────────────────

☆歴史的な建築物を学習してみよう!
 
 今回は東洋建築史《ワット・ドーイステープ》のご紹介です。
 http://www.kenchiku-gallery.com/orient/004.htm

 [所在地] 
 ワット・ドーイステープは、タイ北部チエンマイ県にある仏教寺院で、正式
 名は「ワット・プラタートドーイステープ」と言います。
 ──────────────────────────────────

 ワット・ドーイステープは、1383年にラーンナー王国の6代目、クーナー王
 によってチエンマイに建立されました。
 
 チエンマイは、旧ラーンナー王国の首都であり、「北方のバラ」と称される
 美しい古都で、ワット・ドーイステープは、そのチエンマイ市街を一望でき
 るステープ山の山頂にあり、市のシンボル的な寺院とされています。

 寺院には、高さ22mの黄金に輝くチェーディー(仏塔)があり、仏舎利(釈迦
 の遺骨)が収められていて、周りの仏像やいたるところに金が施され、人々
 の信仰の厚さがうかがえます。
 
 門から山頂までは約300段の石段があり、両側の手すりには、二匹の見事な
 竜の彫刻がうねるように続き、山頂までを導いているかのようです。
 また、門からケーブルカーでも登ることが出来ます。
 
 寺院までの道路は1935年に、高僧シーウィチャイによって、わずか4ヶ月と
 22日間で建設され、その功績を称え麓には記念碑が立てられました。

 毎年5、6月頃に「ソンナームプラタート」と呼ばれる、麓から寺院まで水を
 担いで登る年中行事があり、多くの人々が参列し信仰を集めています。
 
◆◇◆東洋建築史───────────────────────────

☆東洋建築史 特徴と代表的建築物を覚えよう!
 http://www.kenchiku-gallery.com/orient/

 東南アジアの国々、カンボジア、タイ王国、ベトナム、マレーシア、
 インドネシア、台湾、韓国などの世界遺産を中心に掲載しています。

◆◇◆建築旅グッズ─────────────────────────

☆建築旅グッズ 世界遺産の旅
 http://www.kenchiku-web.net/goods/

 東南アジアの国々で暮らしてみたい、ロングステイ、旅してみたいと思う
 方に東南アジアの国々の世界遺産をご紹介いたします。

◆◇◆配信案内────────────────────────────

□メールマガジン『建築遺産ギャラリー』 since 26.05.2014 
□登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001633940.html
□発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
□建築遺産ギャラリー: http://www.kenchiku-gallery.com/ 
□次回配信は 11/20

◆◇◆────────────────────────────────


建築旅グッズ
旅行関連の商品を探そう!






メルマガ購読・解除
 



御朱印集め|神社めぐり




Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.