建築遺産ギャラリー東洋建築史 



インドネシアで暮らしてみたい、ロングステイ、旅してみたいと思う人にバリ島のタマン・アユン寺院をご紹介いたします。


タマン・アユン寺院

世界遺産 バリ州の文化的景観
トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現した
スバック・システム群

建築年代 18世紀初頭
所在地 インドネシア バリ島






タマン・アユン寺院
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水の王立寺院タマン・アユン寺院 (Royal Water Temple Pura Taman Ayun, 1194rev-005, 6.9 ha / 51.3 ha) は、18世紀初頭に建造された最大の水の寺院である。建築的にもほかの水の寺院と異なり、ジャワ島や中国の建築様式の影響が指摘されている。



建築旅グッズ
世界遺産の旅


東洋建築史
カンボジア
 バンテアイ・スレイ
 アンコール・ワット
 アンコール・トム
タイ王国
 ワット・ドーイステープ
 ワット・アルン
 ワット・プラシーサンペット
ベトナム
 ハノイのタンロン皇城の中心区域
 ホイアンの古い町並み
 フエの建造物群
マレーシア
 オランダ広場
 セント・ポール教会
 クー・コンシー
インドネシア
 ボロブドゥール寺院
 プランバナン寺院
 タマン・アユン寺院
台湾
 龍山寺
 台北城
 総統府
大韓民国
 崇礼門
 宗廟
 景福宮
ミャンマー
 ボーボージー仏塔
 バガン
 シュエダゴン・パゴダ
フィリピン
 ヒガン歴史都市
 サン・アグスチン
 サン・ペドロ要塞
ラオス
 ワット・シェントーン
 タート・ルアン
 ワット・プー
 パトゥーサイ






Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.